前の10件 | -

LANケーブルのカテゴリー [PC]

ADSL用に随分昔に購入したLANケーブルを確認するとカテゴリ5と書かれていました。
これは100Mbpsまでの規格。

試しにこれをONUからPC間に使用してみたところ、カテゴリ6ケーブルと速度差はありませんでした。

コネクタは同じRJ−45ですし、線もツイステッドペアで8芯使用なのも同じ。

線が長いときの減衰量やノイズ耐性が違うのかも知れませんが、少なくとも機器がケーブルのカテゴリを検知して速度を制限しているということはないようです。

どちらもケーブル長は100mまでOKという規格ですし、自宅内ではそんなに引っ張ることはないでしょう。



共通テーマ:趣味・カルチャー

lubuntu 20.04 で自動ログインする方法 [PC]

ターミナルを開く
/etc/lightdm へ行く
sudo featherpad lightdm.conf
パスワードを入力
下記のようにユーザー名を書く

[Seat:*]
autologin-guest=false
autologin-user=ここにユーザー名を書く
autologin-user-timeout=0

保存して、再起動する。

ちなみに、18.04のときは、/etc/lightdm/lightdm.conf.d/01_autologin.conf に記入するようになっていた。

本件と関係ないが、numlockxも安定して動作するようになった。




共通テーマ:趣味・カルチャー

Lubuntuで PDFの印刷がうまくない件 [PC]

ブラウザの画面などの印刷では問題ないのですが、クロームでPDFファイルを読み込んで印刷すると化けてしまいます。

そこで、クロームの印刷の詳細で、画像として印刷する にチェックを入れたら正常に印刷できました。
pdf_print-2021-01-27.jpg

とはいえ、やたら時間がかかるので、WindowsへPDFを持っていってプリントした方が良さげで(笑)。

Lubuntuのドライバがイモってるようです。



共通テーマ:趣味・カルチャー

Lubuntu にデータ用HDDを追加 [PC]

システムはSSD化したが、容量が心もとないのでデータ用にHDDを追加。
HDDは WD20EZAZ-RT 2TB 5400回転 AFT対応。静かで 低消費電力 低発熱。

(1)parted で新HDDのパーティションを作成する。

参照URL LinuxでAFT仕様のHDDを使用する
http://blog.livedoor.jp/hiroumauma/archives/1313205.html

AFTの場合は、unit s にてセクター指定にして、mkpartで 64s -1Sとするのが良いらしい。
パーティション管理はGPTにした。

(2)新HDDをext4でフォーマット。

mkfs -t ext4 /dev/sdb1

(3)手動マウントしてみる。

mount /dev/sdb1 /mnt

この場合、/mnt にマウントすること。
/home等にマウントするとエラーになる。

/mntはルート権限でないと書き込みできないが、この中にフォルダーを作成して chmod 777 しておくと一般権限でアクセスできる。

(4)/etc/fstab を編集して自動マウントにする。
mountコマンドでマウントしても、次回の起動時には再度マウントしなければならないので、fstabを編集して自動マウントできるようにする。

参考URL Kazmax linuxで自宅サーバ
https://kazmax.zpp.jp/linux_beginner/mount_hdd.html#ah_4
Linux ハードディスクをマウント(mount)する

★ fstabの内容

UUID=fd2340f4-728e-4323-9389-31131e097b81 / ext4 errors=remount-ro 0 1
UUID=d29674f4-d8bf-4e06-80b3-8b5366a5a338 /mnt/ ext4 defaults 0 0 ★この行を追加
/swapfile none swap sw 0 0

UUIDはHDD毎に異なる。(同一HDDでもフォーマットするたびに新規生成される)
使用するHDDのUUIDを調べるには、ルート権限で blkidコマンドを使用する。

★ 例
staka@staka-System-Product-Name:/etc$ sudo blkid
[sudo] staka のパスワード:
/dev/sda1: UUID="fd2340f4-728e-4323-9389-31131e097b81" TYPE="ext4" PARTUUID="e9eb73d4-01"
/dev/sdb1: UUID="d29674f4-d8bf-4e06-80b3-8b5366a5a338" TYPE="ext4" PARTLABEL="primary" PARTUUID="4373b2d3-b55d-49f6-8d18-3c3274010090"



共通テーマ:趣味・カルチャー

JARDから200W超のスプリアス保証料の返金だって(追加記事あり) [RIG]

当方の設備ではJARDのスプリアス確認保証が不要になったそうで、保証料が返金されるそうです。

10月1日づけで総務省において一部のリニアアンプの扱いが変更されたからだそうです。
ということはリニアやRIGによっては確認保証が必要なのかも知れませんが。

総務省のHPを参照せよとのことですが、どこにあるのか探せておりません。


https://www.jard.or.jp/information/20200630_200wsp.pdf より引用
今般、総務省においてスプリアス確認における一部リニアアンプの扱いが変更になりました。総務省公表「新スプリアス規格に適合したリニアアンプ」と新スプリアス規格のエキサイターの組合せは新規格として扱われ JARD のスプリアス確認保証は不要となります。

JARD 2020 年10月改定版(朱書きが変更箇所)

** 引用以上 **



共通テーマ:趣味・カルチャー

Lubuntu 20.04 のパネルが行方不明になる件 (追加あり) [PC]

20.04のパネルの動作が安定しない。
特に表示位置を下から上や左右に変更すると、次回起動時に行方不明になったりする。

原因は従来のパネルの上に何もないパネルの2重張りになっていて見えなくなっているため。
この場合は、パネルの削除をすると下から元のパネルが現れる。

パネルが2重になっているときは、ウェジェットにStatus Notifier Plugin を貼れないのでこれで判別できる。

パネルのロックをしていると削除しても削除されないし、エラーメッセージが出ないので分かりにくい。

パネルの位置を下にして、アプリを全画面表示にするとアプリの下がパネルの影になり欠ける。 これはバグだと思う。 しかたないので、パネル位置を右にしてロックをかけておいた。
=> パネルを設定の Reserve Space on display にチェックを入れると欠けるのを回避できた。



共通テーマ:趣味・カルチャー

今朝のレッドオーシャン 18メガ FT8 [DXing]

17m_ft8_2020aug21_2.jpg
クリックで拡大

レッドオーシャンの反対語はブルーオーシャンだそうです。



共通テーマ:趣味・カルチャー

VL1000 入力1 スルー回路改造 [RIG]

この改造をヤエスでやってくれるそうです。

入力1とANT(1から4)間が、VP1000の電源が入っていないときにもスルーになる。

費用は3万円。保証中でも3万円。

スルーなので避雷効果はなくなる。



共通テーマ:趣味・カルチャー

VL1000のアカンところ [RIG]

VL1000は電源VP1000をONにしておかないとANT回路がアースに落ちてワッチできない。
当然ベアフット運用も不可能。

VP1000は夏になるとVL1000をONにしてないのに時々ファンが回りだす。
普段はブレーカーで切っているものの忘れたときに夜中にファンが回りだしてびっくりすることもある。

VL1000のANT切り替えはVL1000とVP1000両方がONになってないと動作しない。
VL1000をONにするとチェックシーケンスが走り、照明が煌々と灯り、冷却ファンが回転する。
所要時間は約10秒。
はたしてチェックシーケンスを長々と表示する必要があるだろうか?
異常があるときだけ表示すれば良いのではないだろうか?
ANTを切り替えたいだけなのになんと**な設計なんだろうと思う。

VL1000とヤエスのRIGはCATでつながっていないので周波数が伝わらない。バンドデータは伝わるがバンドのどのあたりで運用しているかをチューナーへ知らせるにはローパワーで短時間送信する必要がある。
そのためのボタンはVL1000にあるが本来CATでつながっておれば不要な操作をしいられる。



共通テーマ:趣味・カルチャー

WSJT-x のログを自動でLogger32に送る方法をテスト(2) [PC]

https://www.g4ifb.com/html/logger32.html

この中の5番にそれらしい方法が載ってます。
5.WSJT-X - automatically transfer your FT8, JT65 and JT9 QSOs to Logger32 as you log

JAの元祖 JA1NLX吉田さんのページ
UDP BandMap
http://ja1nlx.web.fc2.com/logger32_japaneseHelp/UDPBandMap.html

UDP Bandmapの起動
Logger32の下にあるUDPを右クリック。

UDP BandMapの文字色等の設定は、
UDP BandMapのconfig -> Appearance -> Highlights Text Colors

UDP BandMapの局毎の背景色の設定は、
ツールバーの Dx Spot window (双眼鏡アイコン)
DX Spots ウインドウのグリッド上で右クリック
Setup -> Appearance -> dxspot highlight colors

やってみた
udp_bandmap.jpg

結論
デュアルディスプレイが欲しくなった(笑)。



共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。